2017年度 素粒子論研究室 セミナー・文献紹介

埼玉大学 > 理学部 > 物理学科 > 素粒子論研究室 > 2017年度 素粒子論研究室 セミナー・文献紹介


2017年度のセミナー文献紹介 | 2016年度以前のセミナー

セミナー

目次

  1. 2018/1/19「TBA(大統一理論)」重神 芳弘氏
  2. 2017/12/22「d次元実射影空間上での共形場理論:基礎と応用」長谷川 知香氏
  3. 2017/11/17「The ALP miracle: unified inflaton and dark matter」大道 竜次氏
  4. 2017/10/06「Light Axinos from Freeze-in: production processes, phase space distributions, and Ly-α forest constraits」柳 圭祐氏
  5. 2017/07/07「Implications for the Vacuum Magnetic Birefrigence Experiment from the Parity Violating Interactions between Fermionic Dark Matter and Extra U(1) Mediator」山下 公子氏
  6. 2017/06/02「QCD bound-state effect on dark matter relic abundance」Feng Luo氏
  7. 2017/05/12「Electroweak vacuum metastability during/after high-scale inflation」江間 陽平 氏
  8. 2017/04/21「ゲージ/重力対応を用いて構成された非平衡定常系の古典的描像」星野 紘憲 氏

内容案内

講演ファイルにはアクセス制限があります。

日時
2018年1月19日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
重神 芳弘氏 (名古屋大)
題目
TBA(大統一理論)
概要
随時更新
講演内容
pdfファイル
日時
2017年12月22日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
長谷川 知香氏 (立教大)
題目
d次元実射影空間上での共形場理論:基礎と応用
概要
共形不変な場の量子論いわゆる共形場理論は現代理論物理学において重要な役割を果たしている。実際、2次元共形場理論は臨界現象の普遍性類の分類に成功し、3次元臨界Ising模型の臨界指数は数値的共形ブートストラップの方法によって精度良く求められている。平坦な時空上での共形場理論が解けたとして、曲がった時空間等の非自明な多様体上での共形場理論を解くことはできるだろうか。本セミナーでは、局所的に共形平坦な曲がった空間の一種である実射影空間上での共形場理論の基礎を解説し、臨界現象への応用例を紹介する。具体的には、臨界Ising模型及びYang-Leeエッジ特異性の普遍性類に属する共形場理論(それぞれ臨界phi^4理論、臨界phi^3理論)を、1.共形場理論の方法に基づくepsilon展開、2.共形ブートストラップ、3.摂動論という3種類の解析方法で解き、いずれの方法においても得られた共形場理論データ(演算子のスケール次元及びスピン、並びに演算子積展開係数及び1点関数係数)の結果同士は互いに整合していること、そして少なくとも平坦なEuclid空間上での共形場理論と共通して現れる共形場理論データ(1点関数係数は除く)に関して既知の結果を再現していることを示す。本研究は中山優氏との共同研究に基づく。
講演内容
pdfファイル
日時
2017年11月17日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
大道 竜次氏 (東北大)
題目
The ALP miracle: unified inflaton and dark matter
概要
We propose a scenario where both inflation and dark matter are described by a single axion-like particle (ALP) in a unified manner. In a class of the mi nimal axion hilltop inflation, the effective masses at the maximum and minim um of the potential have equal magnitude but opposite sign, so that the ALP inflaton is light both during inflation and in the true vacuum. After inflat ion, most of the ALPs decay and evaporate into plasma through a coupling to photons, and the remaining ones become dark matter. We find that the observe d CMB and matter power spectrum as well as the dark matter abundance point t o an ALP of mass m_{phi}=mathcal{O}(0.01) eV and the axion-photon coupling g _{phigammagamma}=mathcal{O}(10-11)GeV^{-1}: the ALP miracle. The suggested parameter region is within the reach of the next generation axion helioscop e, IAXO, and high-intensity laser experiments in the future
講演内容
pdfファイル
日時
2017年10月06日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
柳 圭祐氏 (東大 本郷)
題目
Light Axinos from Freeze-in: production processes, phase space distributions, and Ly-α forest constraints
概要
暗黒物質の探索はこれまで精力的に行われてきたものの、その質量や相互作用の大きさなど素粒子としての性質はほとんどわかっていない。暗黒物質の質量がkeV程度の比較的軽い領域にある場合には、宇宙の構造形成との比較が最も強力な制限を与える。軽い暗黒物質はfree streamingによって現在の宇宙の構造に必要な密度ゆらぎを消してしまうからである。この制限は非常にmodel-dependentであり、特に暗黒物質の運動量分布が非熱的である場合には、分布を正確に知らなければ適用できない。 そこで我々はFreeze-inと呼ばれる方法で作られる暗黒物質一般に対して、運動量分布を計算する手法を定式化し、さらにそれを7keV axinoモデルへ適用した。Freeze-inで作られる暗黒物質は一般に、その生成過程に依存した非熱的な運動量分布をとる。また7keVのaxinoはX線観測で見られる3.5 keVのexcessを説明する有力な候補の一つである。我々はaxino暗黒物質が様々なプロセスで作られる際の運動量分布、及びmatter power spectrumを計算し、lyman-alpha forest dataとの比較を行った。その結果、7 keVのaxinoは一般にはlyman-alpha forestとのtensionがあり、逃れるためにはsaxionからのentropy productionが必要であることが明らかになった。我々の結果は、Freeze-inで作られる一般の7keV暗黒物質でも同様のtensionがあることを示唆しており、そのような暗黒物質モデルの多くを排除するであろうと考えられる。
講演内容
pdfファイル
日時
2017年07月07日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
山下 公子氏 (お茶の水女子大)
題目
Implications for the Vacuum Magnetic Birefrigence Experiment from the Parity Violating Interactions between Fermionic Dark Matter and Extra U(1) Mediator
概要
We consider a dark matter model where a dark matter candidate couples to photons via an extra U(1) mediator. We assume that this dark matter candidate is a fermion and can couple to the mediator with parity violation. We derived a low energy effective Lagrangian including a parity violated term for light-by-light scattering by integrating out the dark matter fermion. We focus on Vacuum Magnetic Birefringence Experiment to probe the dark sector. We propose the ring resonator in stead of the usual Fabry-Perot resonator to measure the Parity violated term.
講演内容
pdfファイル
日時
2017年06月02日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
Feng Luo氏 (Kavli IPMU)
題目
QCD bound-state effect on dark matter relic abundance
概要
We study the bound-state effect of exotic massive colored particles on dark matter (DM) relic abundance in scenarios where the massive colored particles coannihilating with a WIMP DM. The bound-state effect increases the effective annihilation cross section through the formation and then decays of QCD bound states, helping to decrease the number of DM particles, when the massive colored particles and the DM share the same discrete symmetry which stabilizes the latter, provided that the conversion rate between the two species is fast enough. We find that the size of the bound-state effect is comparable to the well-known Sommerfeld effect. We apply this effect in the gluino-neutralino and stop-neutralino coannihilation scenarios in supersymmetric models, and we find that the bound-state effect can significantly increase the largest possible DM masses which can give the correct DM relic abundance.
講演内容
pdfファイル
日時
2017年05月12日(金)16:30~ –
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
江間 陽平 氏 (東京大 本郷)
題目
Electroweak vacuum metastability during/after high-scale inflation
概要
Top quark/Higgs 質量の測定などから、電弱真空が高エネルギー領域で不安定であることが示唆されている。この講演では、電弱真空不安定性と初期宇宙との関連、特にインフレーションとの関連について議論する。インフレーション中の電弱真空の安定性を要求すると、インフレーションのエネルギースケールが低い、またはインフラトンまたは重力とヒッグスの間に結合が存在することが好まれる。特に後者の場合について、インフレーション後にヒッグスが共鳴的に生成される機構を通じて、電弱真空が不安定化する可能性を議論する。
講演内容
pdfファイル
日時
2017年04月21日(金) 16:30~–
場所
理学部1号館5階1534室 (コロキウム室)
講師
星野 紘憲 氏 (中央大)
題目
ゲージ/重力対応を用いて構成された非平衡定常系の古典的描像
概要
非平衡統計物理学では基本原理が知られていないため、一般の非線形・非摂動領域における非平衡定常状態の確率分布を計算する方法は非自明である。ところが、近年、ゲージ/重力対応を用いて、SU(Nc)ゲージ理論の非平衡系を解析する手法が提案されている。例えば、熱浴中の荷電粒子集団が外部電場によって流れる系(導体系)は、高次元ブラックホール時空中に広がるDブレーンの理論として記述される。いっぽう、ゲージ/重力対応ではミクロな物理的描像が不明である。本講演では、導体系に定常電流が流れる状態(非平衡定常状態)のミクロな物理的描像を得るため、古典的な描像を仮定することにより、荷電粒子が受ける摩擦力や速度などの物理量が得られることを説明する。この結果より、たとえば負の微分伝導と呼ばれる現象のミクロな物理描像が得られる。また荷電粒子系のゆらぎが、電流による系の非等方性を反映して、平均速度によって特徴づけられることを示す。
講演内容
pdfファイル

文献紹介

内容案内

講演ファイルにはアクセス制限があります。

日時
2018年1月12日(金)
場所
理学部1号館5階1534室(コロキウム室)
講師
久保 宗弘氏 (埼玉大学理工学研究科)
題目
TBA
日時
2017年6月30日(金)
場所
理学部1号館5階1534室(コロキウム室)
講師
長谷川 健太氏 (埼玉大学理工学研究科)
題目
Locality of Gravitational Systems from Entanglement of Conformal Field Theories
著者
Jennifer Lin,Matilde Marcolli,Hirosi Ooguri and Bogdan Stoica
論文
PhysRevLett.114.221601